いつかきっと晴れる

うつ病、パニック障害との闘いと思い

メニエール病

タキツバが解散するそうですね。まあ、世代的にいわゆるジャニタレのファンとか言うのではないですが、今井翼さんがメニエール病というのはとても興味があります。


私自身、前庭神経炎という、メニエール病と同じ回転性めまいを主訴とする病気で11日間入院経験があるので、色々と調べた事があります。


今井さんのような有名人はやはり高名な耳鼻咽喉科医師に見てもらうのでしょうか?どんな高名な医師や医学部教授に診てもらったところで標準治療では、町医者と変わりませんね。


メリスロンやアデホスなんていう効果のない薬を処方されてるのでしょうか?


「メニエール病とは、内耳の器官を満たしているリンパ液が溜まって、内リンパ水腫という水ぶくれ状態になり、神経を刺激してめまいを起こすもの」だそうです。なぜそうなるか?ストレスや過労が原因とか。厚労省特定疾患に指定されてますね。


今までの治療法で治らないなら、治療法が間違っていると思うのですが・・・


札幌の開業医の七戸満雄医師(内科医)がメニエール病、難聴、耳鳴りなどにヘルペスウイルスの関与があり、治療実績があると発表しましたが、「一開業医が何をぬかしてるか!」と耳鼻咽喉科学会では、これを黙殺したそうです。


このヘルペスウイルスは外からやって来たものではありません。子供の頃に水疱瘡にかかった人は、その水疱ウイルス(ヘルペスウイルス)が神経節に潜んでいるそうです。それがストレスなどで免疫力が弱った時に暴れだすという事です。


その後、東京女子医大頭痛外来、助教授の清水俊彦医師が七戸医師と同じ様な事を発表すると耳鼻咽喉科学会はようやく聞く耳を持ったようです。ただ、未だに保険治療ではありませんので、抗ヘルペスウイルス剤に何万円というお金が飛んでいきます。この清水医師は時々テレビ番組に出ていますね。片頭痛、顔面神経痛などもヘルペスウイルスが原因だそうです。慢性疲労症候群などもヘルペスウイルス説があります。


難聴なんかは本当に困りますね。抗ヘルペス剤を投与していれば治ったかも知れないのに旧態依然の治療法で耳が聴こえなくなったら泣くに泣けませんね。


丸山ワクチンも学閥とか色々あって、患者が希望しても使ってもらえなかったケースが多々あったといいます。医師たるもの、真摯に患者に向き合ってもらいたいものです。




※私は医師でも、医療従事者でもありません。断片的な知識で、もしかしたら誤解や勘違いがないとは言えません。治療に関しては自己責任でお願いします。

葬儀準備(2)

父から葬儀の話があった後、業者と話を詰めて契約してきてくれと頼まれ、24時間勤務明けに行ってきました。


話を詰めて、後は契約書を交わすだけになり、家に戻り、印鑑登録証明書や戸籍謄本などの必要書類の話をすると、父の態度が一変、「そんな書類が必要なはずがない!三文判でいいはずだ!」と騒ぎだしました。揚げ句に既に自分自身で決めていた金額も高すぎると・・・


結局、話はご破算になりました。ボケが始まっているのか、何だか判りませんが、ガキの使いじゃあるまいし、とんだ赤っ恥をかかされました。100万円を超える契約が三文判でいいはずがなく、相続の問題も絡んでくるので実印契約は当たり前です。何度説明しても理解されませんでした。   


        

業者にも迷惑を描けてしまいました。飛び込みのセールスで来た訳ではありません。父も私もこちらから出向いて、その上で契約しますとなった話です。


業者に丁重にお詫びの電話を入れたのは言うまでもありません。


勤務明けの炎天下に痛い膝を引きずり、わざわざ行った事が無駄になりました。自分本位でしか物事を考えられない父には辟易します。今後、この件に私が関知する事はないでしょう。好き勝手にやってもらいます。

葬儀準備

昨日は休みだったので、いつもより長く寝られて疲れも少し取れました。

 

まったりとしていると、父から葬儀の話がありました。母の眠る霊園が経営する葬儀社に相談に行って、見積りを出してもらってました。


こういう事は本人が元気な時にはなかなか話を切り出せないものなで正直助かりました。


最近、体調が悪くなったので、今日明日という事はないだろうけど・・・という事でした。末期ガンの人は昨日まで元気だったのに、というパターンも多いと聞きます。


見積りを見てびっくり、宗派が曹洞宗になっていました。うちの宗派は浄土真宗です。と言っても、毎日、南無阿弥陀仏を唱えるとか、親鸞を信仰している訳ではありません。代々、葬式は浄土真宗の僧侶に読経して頂いているだけです。父に質すと、「そうだっけ?」 大丈夫か?普段ボケているようには見えないが・・・


しかし、葬儀費用は高いですね。家族葬で15名ほどの出席で150万円超えです。最低限の見積りでこれですから、実際はどうなる事やら。後は一任されましたが、父は最低限のものでいいけど、恥ずかしくない程度にと、難しい注文を付けてます。


その「恥ずかしくない程度」という世間体、強迫観念が葬儀業者の思う壺なんですね。私だったら、通夜も葬儀も読経も墓も要らないんですけど。


でも、父の死を前提とした準備というのは必要なんでしょうけど、心にモヤモヤ感が出てきます。


父が余命宣告を受けた時には、鬱々とした気分が続きましたが、思いの外、元気な父を見て現実から逃避していました。再び現実が降りかかって来ると心が動揺します。


「人智の及ばない事を思い悩んでも意味がない」 散々、Okweb で回答してきましたが、自分の事になると、からきしダメですね。